大神神社に金運アップ祈願!36歳で起業に挑戦する主婦の体験談

大神神社に金運アップ祈願

大神神社(おおみわじんじゃ)にお詣りして、、金運アップを実感されているN.Rさんが、体験談を書いてくださいました。

N.Rさんは、36歳主婦ですが、起業に挑戦しようとしている時に大神神社にお詣りされました。

大神神社にご縁をいただいて

大阪に住むN.Rです。

今年36歳になりました。

小さなビジネスに挑戦したいと思っていた時、思いがけず三輪明神大神神社にお参りするご縁をいただきました。

大阪から、奈良に里帰りしている時のことです。

仲の良い先輩と連絡を取り合って、その先輩の自宅がある桜井市に遊びに行くことになりました。

以前から、一度お参りしたいと思っていた大神神社に連れて行ってもらいました。

大神神社のご祭神は、白蛇に化身されるという話を聞いたことがあります。

白蛇と言えば、金運アップです。

実は、この年は、自分で小さなビジネスに挑戦する予定があったのです。

それで、金運アップのご利益が授かればいいなという欲張りな気持ちもありました。

三輪明神大神神社は、ずっとお参りしてみたい神社でした。

しかし、桜井市は、奈良県の南部ということもあって、なかなか行く気持ちが固まらなかったのでした。

ところが、里帰りする予定があって、結婚前に勤めていた職場で仲良くしていた先輩に久しぶりに連絡しました。

すると、ご主人の実家のある桜井市に引っ越しされていたのです。

『新居に遊びにおいでよ。』」と御招待頂いて。

これも何かの縁かも、ということで、ようやく三輪明神大神神社のお参りが実現しました。

大神神社で金運祈願

大神神社の拝殿

大神神社は、『本殿のない神社』ということで、どんな雰囲気なのかなと思っていました。

でも、実際は、ご神体が宿るとされる三輪山を背景に、立派な拝殿がありました。

大神神社の境内は、私が思っていたよりもずっと広々としていて、お天気がよかったこともあり、とても気持ち良かったです。

明るくて広いせいか、神社のイメージである荘厳さというよりは、開放的でノビノビとした雰囲気がありました。

それでいて、清々しさを感じました。

そのせいか、

お参りする人の宗教が何であっても、

全く神社という場所を訪れるのが初めてというような外国人であっても、

大神神社の神さまは、歓迎してくださっているような空気がありました。

もちろん、金運アップのご利益を、しっかりとお願いしてきました。

白蛇が住むご神木巳の神杉

白蛇が住むご神木巳の神杉

大神神社の拝殿の右手前には、『巳の神杉(みのかみすぎ)』 という、ものすごく大きな杉の木があります。

それこそ、天に向かってそびえ立っているというような巨木です。

欲の皮の張った私は、巳の神杉にもしっかりとお参りさせていただきました。

巳の神杉は、神様の化身である白蛇が棲むとされているご神木です。

大神神社のご祭神である大物主大神の化身の白蛇が、根元に棲んでいるというところから名付けられました。

巳の神杉の前には、蛇の好物とされるお酒が、たくさんお供えされていました。

でも、うっかり者の私はお供えの卵を持ってきていなかったので、お供えすることはできなかったのです。

しまった、せっかくお参りが実現したのにこれは大失敗だとがっかりする私。

そんな私を見て、先輩は、『夢がかなってお礼参りするときに持ってきたらいいよ。』と言ってくださいました。

がっかりする様子がまるでコントのようだ、と大笑いされてつられて私も周りにいた他の参拝者の方々も大笑い。

和やかな雰囲気も神さまのご利益のうちかもしれません。

ピカピカのなで兎

ピカピカのなで兎

拝殿の右側には、参集殿という建物があります。

その参集殿の入り口に、ピカピカのうさぎの像があります。

このなで兎は、体の痛いところをさすると、治してくれるそうです。

また、なでながら願い事をすると、願いを叶えてくれるありがたいウサギさんです。

そのため、多くの人になでられて、磨かれたようにピカピカに光っています。

大神神社の主祭神の大物主大神は、出雲大社の大国主命と同じ神様です。

大国主命と言えば、大国さま。

大国さまと言えば、因幡の白ウサギ。

なで兎は、この繋がりなのかもしれませんね。

大神神社のご利益体験談 金運アップしているかも

私が、企画している「小さなビジネス」は、手作り作品を販売することです。

大神神社にお参りした後、試作品を6人に見ていただきました。

その内、5人から注文を頂くことができました。

材料費や制作する時間・手間を考えると、満足するような利益が出るには時間がかかりそうです。

でも、大神神社の金運アップのご利益のおかげで、幸先のいい感じがしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする