宝当神社 ご利益の金運アップ 宝くじ1等当選の億万長者が続出

宝当神社金運アップ

宝当神社は、宝くじの高額当選を本気で狙うなら、ぜひともお詣りしたい金運アップ神社です。

宝当神社金運アップで宝くじ高額当選者続出

宝当神社は、宝くじの高額当せん者が続出するという新伝説が生まれるほど、金運アップのご利益が高い神社です。

その伝説の証拠となるのが、社殿の中に貼られている宝くじのコピーです。

  • 平成13年年末ジャンボ2億5千万円
  • 平成16年年末ジャンボ1億円
  • 平成19年年末ジャンボ1億円
  • 平成25年年末ジャンボ4億円

その他にも、100万円以上の高額当選の宝くじのコピーなどもたくさんあります。

宝当神社にお詣りできない人に代わって、宝くじ高額当選祈願を代行する人までいるほどです。

さらに、宝くじの当選祈願ツアーで参拝される方もおられます。

いかに宝当神社の金運アップのご利益が高いかが、よくわかりますね。

宝当神社とは

宝当神社がある高島

  • 正式名称:綱吉神社(つなよし神社)

宝当神社は、佐賀県の唐津湾の沖合2Kmにある周囲3Km、人口360人ほどの小さな高島という島にあります。

宝当神社の正式名称は、綱吉神社です。

昔、高島の主な産業は、製塩でした。

高島塩は、島民にとっては、お金を稼ぐ宝物だったのです。

明治の頃、製塩業が好況となりました。

島民は、裕福になれたのは綱吉神社のお陰だと感謝しました。

そして、綱吉神社は島の宝であると讃え、『寶当神社』と明記した石の鳥居を奉納したのが、宝当神社と呼ばれるようになった由来です。

もともと、宝当神社は、地域の守り神だったのですが、明治のころから金運アップのご利益があったのですね。

そして、最近になって、宝当神社の神額にある『寶当』が、宝くじにご利益があるとしてマスコミに取り上げられました。

その反響たるやすさまじく、今では年間20万人もの人が、宝くじの高額当選のご利益を求めて参拝されています。

宝当神社のご祭神

戦国武将野崎隠岐守綱吉

  • 野崎隠岐守綱吉命(ノザキオキノカミツナヨシノミコト)

野崎隠岐守綱吉は、戦国時代の武将です。

初めは、豊後国の大友義鎮(おおとも よししげ=大友宗麟(おおとも そうりん))に仕えました。

その後、肥前国の草野鎮永(くさの しずなが)に仕えました。

そこで、龍造寺隆信(りゅうぞうじ たかのぶ)の軍勢を撃退する手柄を立てました。

しかし、新参者の野崎隠岐守綱吉が手柄を立てたことが、老臣たちは面白くありません

老臣たちは、野崎隠岐守綱吉に対して、痛烈ないじめ、嫌がらせを行いました。

いつの世も、この世で一番恐ろしいのは、人間の妬みですね。

草野家に居場所がなくなった野崎隠岐守綱吉は、元亀4年9月にわずかな手勢と共に、高島に移住しました。

その3ヵ月後、高島は、30人余りの海賊に襲われます。

海賊は、略奪、暴行の限りを尽くし、ありとあらゆるものを奪って行こうとしました。

そのことを島民から聞いた野崎隠岐守綱吉は、海賊のいる浜へ急行します。

そして、海賊相手に大暴れし、ほぼ一人で海賊を打ちのめします。

生き残った海賊は、たったの5人。

海賊たちは、平謝りに謝り、奪ったものをすべて返し、その後二度と高島へ来ることはなかったと言います。

そんな天下無双の野崎隠岐守綱吉ですが、病により32歳という若さで亡くなってしまいました。

島民は、恩人である野崎隠岐守綱吉を祀るために祠を建て、大権現様と呼んで敬いました。

これが、綱吉神社・宝当神社の始まりです。

裏参道がパワースポット

宝当神社の裏参道がパワースポット

宝当神社には、裏参道があります。

コチラは、宝当神社の中でも強いパワースポットです。

というのは、野崎隠岐守綱吉命のご神体に、最も近づける場所なのです。

より強力な、金運アップのご利益が期待できますね。

金運アップの参拝方法

  1. 宝当神社の参道にある店で『開運宝当袋』を買います。
  2. 宝当神社で授与されたお札を、開運宝当袋に入れます。
  3. 開運宝当袋の口は開けたまま、宝当神社で心を込めて祈願します。
  4. 宝当神社の周りの空気を、開運宝当袋にいっぱい詰めて家に持ち帰ります。
  5. 家に帰ってから開運宝当袋に宝くじを入れ、目線よりも高い場所に安置します。

これで、金運アップして、宝くじをぜひ当ててくださいね。

塩屋神社にも参拝

塩屋神社

高島の氏神様は、塩屋神社です。

高島に着いたら、宝当神社にお詣りする前に、まず塩屋神社にお詣りすると良いと言われています。

塩屋神社は、もともとの高島の氏神様なので、当然と言えば当然ですね。

塩屋神社は、野崎隠岐守綱吉が島民と相談して、先祖にあたる

  • 藤原鎌足命
  • 藤原不比等命
  • 藤原魚名命

をご祭神として宮を建立したのが始まりです。

その後、産土神(うぶすなのかみ)として、大山祗大神(オオヤマツミノオオカミ)を合祀しました。

塩屋神社のご祭神

  • 大山祗大神(オオヤマツミノオオカミ)
  • 須佐之男命(スサノオノミコト)
  • 菅原道真命(スガワラノミチザメノミコト)
  • 藤原鎌足命(フジワラノカマタリノミコト)
  • 藤原不比等命(フジワラノフヒトノミコト)
  • 藤原魚名命(フジワラノウオナノミコト)

主祭神の大山祗大神は、山、海の両方を司る神さまです。

山の神さまであることから、林業や鉱業の関係者から崇敬されています。

山のそばに暮らす人にとっては田の神さまであり、海で暮らす人にとっては漁業の神さまです。

また、松尾大社では酒造の守護神としてお祀りされています。

このように、大山祗大神は、あらゆる産業の神、産土神として祀られるご神徳の高い神さまです。

アクセス

  • 宝当桟橋から船で10分

宝当神社
〒847-0027
佐賀県唐津市高島523

佐賀県唐津市高島523

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする