泉涌寺の泉山七福神巡り!2時間で金運上昇・開運招福のご利益♪

泉山七福神巡り

京都の東山区にある泉涌寺(せんにゅうじ)は、天皇家からも篤く信仰されている真言宗のお寺です。

天皇家の菩提寺として、御寺泉涌寺(みてらせんにゅうじ)と呼ばれています。

その泉涌寺の塔頭で、毎年成人の日に、泉山七福神巡り(せんざん しちふくじんめぐり)が行われます。

平成30年は、1月8日(月・祝)午前8時~午後4時に行われましたが、京都はあいにくの雨でした。

七福神巡りとご利益

七福神宝船

七福神の信仰は、室町時代に京都で始まったと言われています。

七福神は、本来『しちふくじん』と読みます。

でも、京都では、『ひちふくじん』と訛って言います。

地名も、七条(しちじょう)は、『ひっちょぅ』と訛ります。

ごめんなさい。

どうでもいいことに、話がそれました。

七福神に話を戻します。

七福神は、

  • 恵比寿神(えびすしん)
  • 大黒天(だいこくてん)
  • 弁財天(べんざいてん)
  • 毘沙門天(びしゃもんてん)
  • 布袋尊(ほていそん)
  • 福禄寿(ふくろくじゅ)
  • 寿老人(じゅろうじん)

という縁起の良い七尊の福の神です。

七福神にお詣りすると、『七難即滅、七福即生』のご利益があり、7つの災難を除き、7つの福を授かると言われています。

七福神巡りは、京都以外にも全国各地でそれぞれにコースが設定されて、いずれも多くの参拝者でにぎわっています。

泉山七福神巡りについて

泉涌寺塔頭案内図

泉山七福神巡りは、七福神をお祀りする泉涌寺の塔頭7ヵ寺と、番外として愛染明王の新善光寺、楊貴妃観音の泉涌寺本坊の合計9ヵ寺を巡ります。

先ほども言いましたが、七福神信仰は、京都発生とされています。

その中でも、泉山七福神が、七福神巡りの起源だと言われています。

泉山七福神巡りは、毎年成人の日に行われます。

毎年決まった日に行われるので、京都以外からもたくさんの方がお参りに来られています。

泉山七福神巡りの特徴は、どこの塔頭の住職もとても親切で、質問をしても愛想よく受け答えをしてくださいます。

今回も、いろいろなことを教えていただきました。

また、お粥やゆず茶なども無料で、振舞われています。

外が寒いので、とっても暖かくほっこりとして、おいしくいただきました。

泉山七福神巡りの順序

泉山七福神巡り順路

泉山七福神巡りは、お詣りする順番が決まっています。

まず最初に、即成院で福笹(無料)を授かります。

お詣りする順番は、

  1. 即成院の福禄寿
  2. 戒光寺の弁財天
  3. 新善光寺の愛染明王
  4. 観音寺の恵比寿
  5. 来迎院の布袋尊
  6. 雲龍院の大黒天
  7. 泉涌寺本坊の楊貴妃観音
  8. 悲田院の毘沙門天
  9. 法音院の寿老人

となっています。

それぞれの塔頭で、福笹につける吉兆と言われる縁起物を授かっていきます。

吉兆は、300円とか700円のものなどがあります。

福笹以外には、色紙(1,000円)があり、色紙にそれぞれの塔頭で、御朱印(300円)をいただきます。

私は、色紙に御朱印をいただくことにしました。

福笹にしようか迷ったのですが、雨が降っていたことと、前日に、伏見の金札宮の寶惠駕籠(ほえかご)で、エビス神の福笹を授かったので色紙にしました。

それでは、七福神と番外の2ヵ寺のご利益と真言を、泉山七福神巡りの順に書いていきます。

即成院の福禄寿とご利益

即成院の福禄寿とご利益

泉山七福神巡りは、即成院から始まります。

即成院は、泉涌寺の総門の手前にあります。

七福神巡りの福笹(無料)や色紙(1,000円)は、即成院で授かります

また、前年の福笹なども、即成院に納めてくださいね。

即成院には、福禄寿(ふくろくじゅ)がお祀りされています。

福禄寿は、子宝(実子)、財産、健康長寿の神さまとして、広く信仰されています。

背が低いのに頭が長く、長寿のシンボルである鶴と亀を連れています。

福禄寿のご利益

  • 延命長寿
  • 幸福
  • 財運招福
  • 立身出世
  • 招徳人望
  • 子孫繁栄
  • 富貴繁栄

福禄寿の真言

  • うん ぬん しき そわか

戒光寺の弁財天とご利益

戒光寺の弁財天とご利益

戒光寺には、弁財天(べんざいてん)が、お祀りされています。

弁財天は、厳島神社や宗像大社なとにお祀りされている市杵島姫命(イチキシマヒメ命)と、同一神とされることもあるとても美しい女神さまです。

戒光寺の弁財天は、秘仏なので、普段は厨子の扉は閉じられていて、直接拝することはできません。

戒光寺の弁財天は、非常にご神力が強いので、厨子の扉が閉じられていて丁度良いパワーだと言われています。

でも、泉山七福神巡りの日は、多くの方に多くのご利益を授けていただこうということで、特別に公開されています。

あなたも、ぜひ直接弁財天のお姿を拝して、強力なパワーのもと、ご利益をたくさん授かってください。

弁財天のご利益

  • 商売繁盛
  • 芸能上達
  • 恋愛成就
  • 学徳成就
  • 諸芸上達
  • 福徳施与
  • 金運招福
  • 弁舌上達

弁財天の真言

  • おん そらそばていえい そわか

新善光寺の愛染明王とご利益

新善光寺の愛染明王とご利益

新善光寺は、七福神ではありませんが、番外として愛染明王にお参りします。

愛染明王は、愛欲や執着心などの人間の煩悩を、悟りに変えてくださる仏さまです。

愛染明王の縁結び、良縁成就、結婚成就、恋愛成就、夫婦円満などの恋愛に関するご利益は、仏さまの中でも最強とされています。

金運アップはもちろん、恋愛運アップのご利益を願う女性は、ぜひともお参りしたい仏さまですね。

愛敬で人気が出るようにと、芸能人や水商売の女性からも厚く信仰されています。

また、愛染が、藍染めにつながることから、染物屋さんやアパレル関係の方からも信仰されています。

愛染明王のご利益

  • 無病息災
  • 商売繁昌
  • 社運隆昌
  • 招福開運
  • 敬愛和合
  • 延命

愛染明王の真言

  • おん まからぎゃ ばぞろしゅにしゃ ばざらさとば じゃく うん ばん こく

ちょっと長くてヤヤコシイですが、ご利益は半端ないので、ぜひ覚えたい真言です。

私は、アホなので、なかなか覚えられずに、間違わずに言えません。

観音寺の恵比寿神とご利益

観音寺の恵比寿神とご利益

観音寺は、恵比寿神(えびすしん)がお祀りされています。

エビス神は、関西では『えべっさん』と、親しみを込めて呼ばれています。

エビス神は、七福神の中で、唯一日本生まれの神さまです。

右手に釣竿、左手に鯛を持っている姿で描かれている神さまです。

『商売繁昌で笹もってこい』と、十日ゑびす大祭が各地で行なわれ、商売繁盛を願う人で溢れかえるほどの人気です。

恵比寿神のご利益

  • 大魚守護
  • 社業繁栄
  • 海運守護
  • 商売繁盛
  • 除災招福
  • 五穀豊穣
  • 立身出世

恵比寿神の真言

  • おん いんだらや そわか

来迎院の布袋尊とご利益

観音寺の恵比寿神とご利益

来迎院には、布袋尊(ほていそん)がお祀りされています。

布袋尊は、中国に実在した契此(かいし)という禅僧です。

受けたお布施は、何もかも大きな袋に入れて持ち歩いていたことから、布袋と呼ばれるようになりました。

契此(かいし)は、超能力があり、雪の中に寝ていても濡れることなく、占いは外れることがなかったそうです。

布袋尊の袋は、不満や嫌なことをため込む堪忍袋だと言われています。

布袋尊は、弥勒菩薩の化身とされています。

三宝大荒神は、火と竈(かまど)の神さまで、よく台所にお祀りされている神さまです。

昔、京都では、布袋尊の人形を、台所にお祀りして家内安全祈願をしていました。

布袋尊の伏見人形

人形は、毎年少しずつ大きなものに替えていきました。

来迎院は、三宝大荒神(さんぼうだいこうじん)座像でも有名なお寺です。

布袋尊のご利益

  • 知足福
  • 家業繁盛
  • 千客万来
  • 家運隆盛
  • 家庭円満
  • 金運招福

布袋尊の真言

  • おん まいたれいや そわか

弥勒菩薩の化身なので、真言も弥勒菩薩と同じです。

雲龍院の大黒天とご利益

雲龍院の大黒天とご利益

雲龍院は、大黒天(だいこくてん)をお祀りしています。

通常の大黒天の像や絵は、大きな袋と打ち出の小槌を持って、米俵の上におられるお姿です。

でも、雲龍院の大黒天は、大きな口を開けて、蓮の上を走っているようなお姿です。

その姿から『走り大黒天』と言われています。

少しでも早く、あなたに福を授けるために、走って来てくださるのだそうです。

雲龍院の大黒天にお参りすれば、早く福が授かりますよ。

大黒天は、もともと戦闘・財福・冥府・破壊を司る恐ろしい神さまです。

日本では、出雲大社の大国主命(オオクニヌシ命)と、同一神とされるようになりました。

そんなことから、日本での大黒天は、ニコニコとした富貴な顔で、財福のご利益が強調されています。

大黒天のご利益

  • 五穀豊穣
  • 財運福徳
  • 出世開運
  • 商売繁盛
  • 福徳円満
  • 子孫愛育
  • 家産増進
  • 子孫繁栄

大黒天の真言

  • おん まかきゃらや そわか

泉涌寺本坊の楊貴妃観音とご利益

泉涌寺本坊の楊貴妃観音とご利益

泉涌寺本坊には、楊貴妃観音(ようきひかんのん)と言われる、とても美しい観音菩薩がお祀りされています。

楊貴妃と言えば、クレオパトラ、小野小町と並ぶ世界三大美人の一人です。

その名にふさわしく、楊貴妃観音は、細面のとても美しいお顔をされています。

関西で言う、『別嬪(べっぴん)さんやわ~~♪』という感じですね。

ちなみに、男性のイケメンに対しては、『シュッとしたはる』と言います。

楊貴妃観音は、その美しさから、良縁祈願、縁結び、美人祈願、安産、などのご利益を求めて、多くの女性がお参りに来られています。

観音菩薩のご利益

  • 苦難除去
  • 現世利益
  • 病気平癒
  • 勉学向上
  • 才能賦与
  • 良縁祈願
  • 厄除開運
  • 諸願成就
  • 子授け

観音菩薩の真言

  • おん あろりきゃ そわか

悲田院の毘沙門天とご利益

悲田院の毘沙門天とご利益

悲田院(ひでんいん)には、毘沙門天(びしゃもんてん)がお祀りされています。

悲田院の歴史は古く、聖徳太子が、身寄りのない老人や孤児を救うために開かれたのが始まりです。

毘沙門天は、仏教の中心である須弥山を守る四天王の一尊です。

七福神の中では、唯一の武神です。

毘沙門天が左手に持つ宝塔には、お釈迦さまの遺骨が入っているとされています。

そんな大切なものをお守りするのですから、毘沙門天はさすがに天下無双の四天王のリーダーです。

毘沙門天は、もともとインドでは、財宝をもたらす神さまでした。

日本でも戦闘と財運の神さまとして、広く信仰されています。

悲田院からは、京都タワーはじめ京都市内が一望でき、とっても見晴らしの良いきれいな景色が見えます。

毘沙門天のご利益

  • 戦勝祈願
  • 財宝自在
  • 鎮護国家
  • 財運福徳
  • 武道成就
  • 降魔厄除
  • 家内安全
  • 夫婦和合
  • 商売繁盛
  • 必勝祈願
  • 霊祟除災

毘沙門天の真言

  • おん べいしら まんだや そわか

法音院の寿老人とご利益

法音院の寿老人とご利益

法音院(ほうおんいん)には、寿老人(じゅろうじん)がお祀りされています。

寿老人は、頭の長い仙人で、巻物をくくった杖を持って、鹿を連れています。

寿老人は、福禄寿(ふくろくじゅ)と同一神とされることもあります。

寿老人のご利益

  • 幸福長寿
  • 家庭円満
  • 延命長寿
  • 福徳智慧
  • 諸病平癒
  • 富貴繁栄
  • 子孫繁栄

寿老人の真言

  • うん ぬん しき そわか

福禄寿と同じですね。

七福神巡りに行ってみて

七福神巡り

泉山七福神巡りに行って感じたことは、各塔頭の方の一生懸命なおもてなしです。

毎年の恒例なので、多くの方が参拝に来られるのですが、一人一人に愛想よく受け答えをされています。

ある伏見のお寺の住職のように、御朱印をもらいに来た人に、『こんなもんだけに来やがって!』と言う方は居られません。

そのせいか、参拝されている方も、穏やかな気持ちで、七福神のご利益を授かっておられるようでした。

吉兆の授与所でも、皆さん愛想よく笑顔で応対されていました。

お参りされている方の年齢層は、かなり広く、20代、30代の方から、80代の方も大勢おられました。

ほとんどが坂道なので、年配の方には少ししんどいかもしれません。

私の万歩計では、約6,500歩でした。

写真を撮ったり、本堂に上がらせていただいたりしたので、七福神だけのお詣りなら5,000歩くらいかもしれません。

あいにくの雨でしたが、泉山七福神巡りで、気持ちは晴れやかになりました。

私は、金運アップ、家内安全、家庭円満など、様々なご利益をたくさんいただけたと思います。

お蔭さまで、今年はお金儲けも順調に、家族も健康で、家庭も平和な良い年になりそうです。

自動車で行くおススメの時間帯

  • 9時30分から10時前がオススメ

泉山七福神巡りは、午前8時から開始されます。

東大路通(東山通)から泉涌寺に続く泉涌寺道は、細い道なので、泉山七福神巡りの日は、自動車が渋滞します。

また、総門をくぐると、さらに道が細くなります。

その上、七福神巡りの参拝者で、自動車の通行は大変渋滞します。

そんな中で、自動車の渋滞も泉涌寺の駐車場も、比較的空いている時間がありました。

駐車場も、何台もの空きスペースがありました。

午前9時30分頃から10時ころまでの間です。

ちょうど、朝一番からお参りになった方が、帰られる時間になります。

午前10時を少し回ると、自動車の渋滞がひどくなっていました。

私は、午前10時45分頃に帰ったのですが、東大路通から新善光寺辺りまで、これからお参りされる方の自動車で渋滞していました。

少しでも、お参りされるときの参考になれば幸いです。

泉涌寺と泉山七福神のアクセス

ここでは、泉山七福神巡りで最初に行く即成院までのアクセスを紹介します。

最寄りの駅は、京阪電車とJR奈良線の東福寺駅です。

  • 京阪電車東福寺駅 徒歩9分
  • JR奈良線東福寺駅 徒歩9分
  • 市バス泉涌寺道  徒歩4分

東福寺駅と言えば、紅葉で有名な東福寺と同じ駅で降ります。

紅葉シーズンは、東福寺に紅葉を見に行く人で、駅のホームに人が溢れかえっています。

改札が一つなので、なかなか出られないのです。

ホームから、人が溢れて、線路内にまで落ちそうな混雑になります。

そのため、京阪電車が発車できずに、終日ダイヤが乱れます。

大変な騒ぎです。

数年前までは、そんなことはなかったのですが・・

泉涌寺は、そんな時でもひっそりとしていますが、泉涌寺の紅葉も結構いいもんですよ。

泉涌寺の紅葉

でも、東福寺駅の改札から出られないので、電車で行くのはちょっと危ないですね。

なので、紅葉シーズンに泉涌寺に行くなら、

  • 京阪電車七条駅下車⇒七条京阪前から市バス(208乙系統)⇒泉涌寺道下車

が、いいかもしれません。

通常なら、バスで七条京阪前から泉涌寺道まで約5分です。

紅葉シーズンは、道も混んでいますが・・

即成院
京都市東山区泉涌寺山内町28

戒光寺
京都市東山区泉涌寺山内町29

新善光寺
京都市東山区泉涌寺山内町31

観音寺
京都市東山区泉涌寺山内町32

来迎院
京都市東山区泉涌寺山内町33

雲龍院
京都市東山区泉涌寺山内町36

泉涌寺本坊楊貴妃観音
京都市東山区泉涌寺山内町27

悲田院
京都市東山区泉涌寺山内町35

法音院
京都市東山区泉涌寺山内町30

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする