兵庫県豊岡の子宝神社 久々比神社で子宝祈願32歳ベビ待ち主婦の口コミ

兵庫県豊岡の子宝神社 久々比神社

久々比神社(くくひ神社)は、兵庫県豊岡市にある有名な子宝神社でです。

久々比神社で、子宝祈願した32歳のM.Kさんが、4ヵ月後にめでたく妊娠された口コミを書いてくださいました。

兵庫県の久々比神社(くくひ神社)で子宝祈願

  • 当時の年齢:32歳
  • ベビ待ち歴:5年
  • 自宅:石川県

私は、石川県に住んでいるM.Kです。

結婚して、最初の1年間は避妊していたのですが、その後子宝に恵まれずに5年が経過しました。

四柱推命の先生に、結婚した年は子供と縁がある年だったのに、もったいないことをしたと言われました。

私たち夫婦としても、子宝神社にお詣りしてみようと思いました。

それで、インターネットで調べて、兵庫県の久々比神社に、子宝祈願に行ってみようと思いました。

秋篠宮さまにあやかりたい

コウノトリ

私たちが、久々比神社に行こうとしたのは、秋篠宮さまご夫妻にあやかりたいと思ったからです。

というのは、2005年9月に開催された『第3回コウノトリ未来・国際かいぎ』に秋篠宮さまご夫妻がご出席されました。

そして、人工飼育してきたコウノトリを秋篠宮さまも放鳥されました。

その時に、久々比神社の宮司さんが紀子様に、久々比神社のお守りをお渡しになられたそうです。

その後すぐに、紀子様はご懐妊され、悠仁さまをご出産されたという記事を、ネットで見つけたからです。

子宝神社のご利益で4ヵ月後に妊娠

子宝神社のご利益で4ヵ月後に妊娠

久々比神社は、そんなに大きい神社ではありませんでした。

でも、コウノトリと深い関係があり、コウノトリ神社という別名でも有名です。

近くには、自然に飼われているコウノトリの郷公園もあります。

まず、久々比神社の近くの『AVIANTOT(アビアントット)』という喫茶店でお守りと絵馬を購入しました。

久々比神社には、神職の方が常駐されていません。

そのため、神職の親戚が居られる『AVIANTOT』で、絵馬やお守りを扱っているのだそうです。

絵馬には、私たち二人のお願い事を書いて、子供を授かれるように気持ちを込めました

そしてその絵馬を持って、久々比神社に行き、神様にお祈りをして、絵馬を飾りました。

コウノトリ神社で子宝祈願

本殿はとてもパワーのあるような木造で、木に囲まれていて、立派で迫力がある神社でした。

秋篠宮さまも訪れたと書かれていました。

それを読んで、私たちにも子宝に恵まれるように気持ちを込めて、何度も何度もお願いをしました。

神職の人は、いらっしゃらなかったのでご祈祷は無理でしたが、自然に囲まれたパワーのある神社でした。

子宝神社の気を授かるには、できれば2時間以上その場に滞在するのが良いそうです。

でも、久々比神社には、観光する場所も休憩する場所もありません。

その辺に腰かけて、ペットボトルのお茶を飲んでいたのですが、45分ほどで『AVIANTOT』に行きました。

神さまは、私たちの45分間の努力を認めてくださったのでしょうか。

子宝祈願して4ヵ月後に、妊娠しているのがわかりました。

私個人の思いですが、久々比神社は、豊岡市で、いや兵庫県で、いやいや日本で最高峰の子宝神社です。

子宝を願っておられるなら、ぜひ久々比神社にお詣りしていただければと思います。

久々比神社
兵庫県豊岡市下宮318-2

久々比神社の別名はコウノトリ神社

コウノトリが子宝を運ぶ

M.Kさんが言われているように、子宝を授かった久々比神社は、別名コウノトリ神社とも呼ばれています。

赤ちゃんを運んでくると言われるコウノトリ

実は、赤ちゃんは、コウノトリのような大きな鳥が運んでくるという伝説は、世界中にあります。

日本では、古代からコウノトリを霊鳥として大切にしてきました。

久々比神社は、日本でも数少ないコウノトリとの縁が深い神社です。

久々比神社とコウノトリ

久々比神社とコウノトリ

第11代垂仁天皇(すいにんてんのう)には、誉津別皇子(ほむつわけのおうじ)という子供がおられました。

ホムツワケ皇子は、30歳になっても言葉を話されませんでした。

ある日、ホムツワケ皇子が、(ククイ=コウノトリの古称)が空を飛んでいるのを見られ、

『あの鳥は何やねん?(関西弁で失礼)』

と初めて言葉を話されました。

垂仁天皇は、えらく喜ばれ、『誰か、あの鳥を捕まえて来んかい!』と言われました。

これに、天湯河板挙(あめのゆかわのたな)が、

『ワテが、必ず捕まえて来まひょ。』

と言って、ククイの後を追っていきました。

ようやく但馬国でククイを捕え献上したので、天湯河板挙は鳥取造という姓を賜りました。

このことから、ククイがたくさんいるこの土地に神社が創建され、久々比神社となりました。

神社の名前から、ご祭神を久久遅命 (くくのちのみこと)とされたのかもしれません。

久々比神社のご祭神

久々比神社の主祭神は、

  • 久久遅命 (くくのちのみこと)

です。
ククノチ命は、伊耶那岐命(いざなぎのみこと)伊耶那美命(イザナミノミコト)の御子神です。

屋船久久遅命(やふねのくくのちのみこと)とも呼ばれ、建物の神さまであり、木の神さまでもあります。

建物の材木を司る神さまということですね。

本居宣長によると、ククノチ命の『クク』は茎のことで、『チ』は男性の美称だそうです。

コウノトリの郷公園

せっかくコウノトリ神社(久々比神社)で、子宝祈願したのですから、本物のコウノトリも見に行きましょう。

久々比神社のすぐ近くに、コウノトリの保護と繁殖を研究しているコウノトリの郷公園があります。

本物のコウノトリが、あなたに赤ちゃんを運んでくれるかもしれませんよ。

久々比神社の近くのーズナブルなホテル

子宝祈願は、2時間以上その神社の境内にとどまる事で、ご利益が高まります。

そして、その地のパワーを授かるために、1泊できればさらに高いご利益が期待できます。

久々比神社は、豊岡駅から約3.5Kmです。

その途中にあるリーズナブルでサービスが良いと評判のホテルを紹介します。

豊岡グリーンホテルモーリス

豊岡グリーンホテルモーリスは、JR豊岡駅から5分ほど、歩かなくてはいけません。

豊岡グリーンホテルモーリスの周辺は、お店やレストランがほとんどないので、少し不便です。

少し歩区必要はありますが、豊岡駅まで行くと、レストランや居酒屋などがイロイロあります。

でも、リーズナブルなお値段で、スタッフのサービスが行き届いているうえ、大浴場まであるので、非常に満足度の高いホテルです。

朝食は、540円ですが、種類が多くておいしいと評判です。

豊岡グリーンホテルモーリス
>>>詳細ページへ

豊岡グリーンホテルモーリス
兵庫県豊岡市千代田町6番32号

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする