高血圧 薬 副作用を7種類の降圧剤別に紹介します

高血圧 薬 副作用

高血圧の薬(降圧剤)は、さまざまな副作用が指摘されています。

中には、カラダに重大なダメージを与える副作用もあります。

急激な血圧上昇や180mmHg以上の高血圧でないと、薬(降圧剤)<のデメリットの方が大きいと言えます。

高血圧 薬(降圧剤) 7種類の副作用

高血圧 薬

高血圧は、高血圧 薬(降圧剤)よりも食べ物や生活習慣の改善で下げるべきです。

ここでは、高血圧の薬(降圧剤)としてよく処方される次の7種類の降圧剤の副作用を、薬の種類別に紹介します。

  • カルシウム拮抗薬
  • ARBの副作用
  • ACE阻害薬の副作用
  • 利尿薬の副作用
  • β遮断薬の副作用
  • α遮断薬の副作用
  • 直接的レニン阻害薬(DRI)の副作用

カルシウム拮抗薬

カルシウム拮抗薬は、もともと狭心症の治療薬として開発されました。

血管は、カルシウムイオンが平滑筋という細胞内に入ることで、収縮して細くなります。

カルシウム拮抗薬は、細胞にカルシウムイオンが入る口を塞ぐことによって、平滑筋を緩めて血管を広げ、血圧を下げます。

また、心臓の筋肉細胞にも作用し、心臓の動きを弱めて血液の量を減少させ、血圧を下げます。

カルシウム拮抗薬は、最もよく処方される降圧剤です。

カルシウム拮抗薬の副作用

  • 動悸
  • 頭痛
  • 顔のほてり感
  • 浮腫
  • むくみ
  • 便秘

ARB

『アンジオテンシンII』が、『アンジオテンシンII受容体』とくっつくと、血圧が高くなります。

ARBは、『アンジオテンシンII』の働きを抑えて、

  • 血管収縮
  • 交感神経の活性

を抑制することで、血圧を下げます。

心臓、腎臓、脳の臓器合併症や糖尿病を患っている方には、まずARBが処方されます。

ARBの副作用

  • 動悸
  • めまい

ARBの副作用は軽度です。

妊娠されている方は使用できません。

腎臓の機能に異常がある方には、注意が必要です。

ACE阻害薬

ACE阻害薬は、先ほどARBの所で言った『アンジオテンシンII』の生成を防ぎます。

それによって、血管を収縮させずに広げて、血圧を下げます。

ACE阻害薬の副作用

  • 空咳
  • むくみ
  • 血管神経性浮腫(頻度は低い)

利尿薬

血液の水分が増えると、血圧が上がる原因となります。

また、体内に塩分がたまることでも血圧が上がります。

利尿薬は、尿を出すことで、血液量と塩分を減らし、血圧を下げます。

利尿薬は、食塩感受性が高いことで起こる高血圧に処方されます。

利尿薬の副作用

  • 低カリウム血症(電解質異常)
  • 低マグネシウム血症(電解質異常)
  • 耐糖能低下
  • 高尿酸血症
  • 高中性脂肪血症
  • 糖尿病
  • 痛風
  • 光線過敏症(頻度は低い)
  • 血小板減少症(頻度は低い)

β遮断薬

カテコールアミンとβ受容体が結合することにより、心拍数や心臓から拍出される血液量が増加し、血圧が上がります。

β遮断薬は、カテコールアミンとβ受容体が結合を遮断し、レニン酵素の活性を抑えます。

交感神経抑制作用により、血圧を下げます。

β遮断薬の副作用

  • 脈拍低下
  • 手足の冷え

気管支喘息の方は使用できません。

慢性閉そく性肺疾患の方は、注意が必要です。

急にやめると、狭心症や高血圧発作が起こることもあります。

α遮断薬

交感神経末端の平滑筋の受容体の結合を遮断し、血管の収縮を防ぐことで血圧を下げます。

α遮断薬の副作用

  • 起立性低血圧(初めて投与の時)
  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 失神

少量から開始していきます。

直接的レニン阻害薬(DRI)

血圧上昇のサイクルにかかわるレニン酵素の活性を抑えて、血圧を下げます。

長時間、持続的な血圧を下げる効果があります。

直接的レニン阻害薬(DRI)の副作用

  • 血管浮腫
  • アナフィラキシー
  • 高カリウム血症
  • 腎機能障害(頻度は低い)
  • 頭痛
  • めまい
  • 下痢
  • 吐き気

高血圧の薬(降圧剤)の副作用

血圧の薬(降圧剤)の副作用で脳梗塞

高血圧の薬(降圧剤)には、いくつものタイプがあります。

そして、それぞれのタイプにたくさんの薬があります。

その薬一つ一つに副作用があります。

降圧剤による重大な危険のある副作用としては、

  • 脳梗塞
  • ED(勃起不全)
  • ガン
  • 認知症

などの発症リスクがあります。

チョッと血圧が高いと言って、お医者さんから処方されても、安易に降圧剤で血圧を下げることはおすすめできません。

血圧を下げるのは、降圧剤ではなく、食べ物や運動などの生活習慣の改善が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする